• 03-6407-0222
  • 東京都目黒区駒場1丁目18-13
  • support@mikoto-corp.com

Facebook広告の出し方は?仕組みや注意点まで初心者にもわかりやすく解説!

Facebook広告の出し方は?仕組みや注意点まで初心者にもわかりやすく解説!

Facebook広告は、数ある広告の中でも効率的にアプローチができるため初心者にもおすすめの広告です。とは言っても、一から広告を出すとなるとどのように進めるべきか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、初心者におすすめのFacebook広告について、仕組みや手順、注意点について簡単に解説していきます。基本的な部分を中心に紹介するので、初めてFacebook広告を出そうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

Facebook広告の仕組みとは?

Facebook広告は、オークション形式で表示される仕組みです。

広告表示のタイミングごとにオークションが行われ、数ある広告の中から最適だと判断された広告が表示されるようになっています。「入札価格」「推定アクション率」「広告品質」の3つのポイントで全体的な広告の価値が決められ、最も価値が高いと判断された広告のみ表示されます。

オークションにおいては、広告主だけでなく利用者にもメリットがあるように広告が決められるので、利用者の視点も考えつつ優良な広告作りをしていきましょう。

Facebook広告の出し方は4ステップ!

 Facebook広告は、基本的に以下の4ステップで出すことができます。

  1. アカウント作成
  2. 広告作成
  3. 支払い設定
  4. 審査

それぞれ簡単に説明していくので、順番に見ていきましょう。

アカウント作成

Facebook広告を出すにあたって、必要なアカウントを作成しておきましょう。Facebook広告に必要なアカウントは、主に以下の4つです。

  • 個人のFacebookアカウント
  • Facebookページ
  • 広告アカウント
  • Facebookビジネスマネージャ

個人のFacebookアカウント

Facebookを利用する際に必ず必要になる個人アカウントです。Facebook広告を出そうと考えている方は既に持っているかと思いますが、もしまだ無ければ初めに作っておきましょう。Facebookのホームページやアプリから簡単に作ることができます。

Facebookページ

Facebookページとは、個人アカウントとは別のビジネス向けページのことです。企業のホームページのようなイメージで活用でき、複数人で管理することが可能です。広告を出すために必須となるので早めに作成しておきましょう。

広告アカウント

広告アカウントとは、名前の通りFacebook上で広告を出すために必要な専用アカウントのことです。広告アカウントは、Facebookページや後述するビジネスマネージャから作成することができます。

Facebookビジネスマネージャ

Facebookビジネスマネージャとは、Facebookページやアプリ、広告アカウントなどを一括で管理することができるツールのことです。Facebook広告を出すにあたって効率的に作業を進めることができるため非常に便利です。

広告作成

各アカウントの準備ができたら、実際に広告を作っていきましょう。Facebook広告の構造は、以下の3階層となっています。

  • キャンペーン
  • 広告セット
  • 広告

それぞれ順番に行っていきましょう。

キャンペーン

キャンペーンでは、主に広告の目的を決定します。キャンペーンは、広告の質を決める重要なポイントとなるので広告の目的に合わせて設定しましょう。キャンペーン設定において主に使用されるのは以下の5つです。

  • ブランド認知アップ(広告を覚えてくれる人を増やす)
  • リーチ(できるだけ多くのユーザーに広告を届ける)
  • トラフィック(できるだけ多くのユーザーを誘導する)
  • 動画の再生数アップ(動画の再生数を上げる)
  • コンバージョン(商品購入・会員登録などのアクションを起こす)

広告セット

広告セットとは、広告をどのように配信するのかを決めるもののことです。広告セットでは、主に以下の3つを設定します。

  • オーディエンス
  • 配置
  • 予算と掲載期間

オーディエンスでは誰に配信するのかについて詳しく設定します。広告を配信したい相手を考えながら、地域や年齢・性別・言語などの項目ごとに細かく設定していきましょう。

配置では、どこに広告を掲載するのかを設定します。Facebook以外にも、InstagramAudience NetworkMessengerの計4つのプラットフォームで広告配信が可能です。設定で自動配置にすることができるので、初めは自動配置にして様子を見るのが良いでしょう。

予算と掲載期間では、1日の予算、広告の配信期間について設定します。Facebookでは、1広告セットにつき予算2,000円以上を推奨しているので、自分の予算に合わせてできるだけ2,000円以上で設定するようにしましょう。

広告

次に、実際に広告を完成させていきます。この段階では、広告のデザインやレイアウト、素材などを確定します。

画像やテキスト、CTAなど、実際の見た目を確認しながら最適な広告を作っていきましょう。

支払い設定

広告作成が完了したら、料金の支払い設定を行いましょう。支払いには、クレジットカード・デビットカードが利用できます。利用可能なカード会社は以下の4つです。

  • VISA
  • MasterCard
  • アメリカンエキスプレス
  • JCB

カードの期限切れなどにより支払いができなかった場合は、広告の配信が停止されてしまうので、確実に利用できるカードを登録するようにしましょう。

審査

ここまで完了したら、最後に審査が行われます。審査に通らなければ広告配信はできないのでしっかり確認しましょう。審査はFacebookが定めた広告ポリシーを基準として行われます。審査に通るよう、前もって確認しておくことをおすすめします。

審査完了後、およそ24時間以内には広告アカウントに登録したアドレスに結果が届きます。もし不合格となってしまった場合でも、理由が記載されているのでしっかり確認しましょう。

Facebook広告は何度もやり直して審査にかけることが可能ですが、あまりにも審査落ち回数が多いと広告アカウントが停止されてしまう危険性があります。1度目の審査で不合格となってしまった場合は、内容や広告ポリシーをもとに修正を行い次回で合格できるようにしましょう。

Facebook広告を出す際の注意点 

Facebook広告を出す際に注意すべきポイントは以下の3つです。

  • 禁止・制限コンテンツではないか
  • 広告内のテキストが多すぎないか
  • Facebookのガイドラインに準拠しているか

最適な広告を出すため、また審査に落ちないために事前によく確認しておきましょう。

禁止・制限コンテンツではないか

Facebook広告ポリシーでは、差別的行為や薬物、タバコなど計30以上の禁止コンテンツが決められています。また、アルコールやダイエット、オンラインギャンブルなどは制限コンテンツとして定められており、これらに該当してしまうと広告として配信することができません。

広告の画像やテキストだけでなく、キャンペーンや広告の配置など広告に関してすべてチェックされてしまうので、広告ポリシーを前もってよく確認し、禁止・制限コンテンツを含まないようにしましょう。

広告内のテキストが多すぎないか

広告内のテキストがあまりにも多いと、広告配信数が減ったり配信されなくなってしまったりする可能性があります。広告を見てテキストが多くないか確認しましょう。

また、広告画像内のテキスト量には特に注意しましょう。Facebookの調査では、広告画像内のテキストを20%未満にすると広告のパフォーマンスが上がることがわかっています。文字で説明したい内容がある場合は、画像内ではなく本文にテキストとして記載しましょう。

Facebookのガイドラインに準拠しているか

広告内でFacebookのサービスについて言及する場合は、Facebookのガイドラインに準拠した形で行うようにしましょう。特に、Facebookのロゴやアイコンなどのブランドアセットを使いたい場合は、以下の禁止事項を遵守しましょう。

  • 色や形状のスタイル設定
  • ブランドアセットの周囲に十分なスペースが無い
  • Facebookブランドの誤ったイメージを表現
  • Facebookを簡略化した文脈で使用
  • Facebookの商標を複数形にする
  • 単語の代わりにFacebookのロゴやアイコンを使用

気軽にFacebook広告を出してみよう!

Facebook広告の仕組みや広告の出し方、注意点について簡単に紹介してきました。複数のアカウントが必要だったり設定項目が複雑だったりするFacebook広告ですが、慣れてしまえば気軽に広告を出せるようになります。

広告は出せば終わりではなく、配信後の分析と改善がとても重要です。Facebookのレポート機能をうまく使いながら分析をし、より良い広告が出せるようにしていきましょう。

Facebook広告カテゴリの最新記事