• 03-6407-0222
  • 東京都目黒区駒場1丁目18-13
  • support@mikoto-corp.com

始める前に知っておきたいYouTube広告の作り方!効果的な動画広告を作るコツも紹介

始める前に知っておきたいYouTube広告の作り方!効果的な動画広告を作るコツも紹介

YouTubeで広告を出したいけど、どう作ったら良いかわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

国民の誰もが利用していると言っても過言ではないYouTubeでは、毎回のように動画再生時に広告が流れてきます。広告を飛ばしてしまう方が多いかもしれませんが、中には最後まで見た方や実際にサービスを購入した経験のある方もいることでしょう。

実際、YouTubeをはじめとして動画市場は著しい発展を遂げており、YouTubeで動画広告を出す企業も増えています。しかし、いきなりYouTube広告を作ろうと思ってもなかなか難しいものですよね。

本記事では、そんなYouTube広告の作り方やスキップされない広告を作るコツについて詳しく解説していきます。YouTube広告の作り方を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

効果が期待できる動画広告とはどのようなものか?

YouTube広告において求めた成果が得られるまでには、ユーザーが商材に興味を持ち、スキップせずに広告を見たうえで購買行動を起こさなければなりません。もちろんのこと、すぐにスキップされる広告よりも、広告の滞在率が高いほどコンバージョンにつながります。

広告の表示回数が多ければ多いほど認知度は高まりますが、不快な印象を与えてしまいかねないのでユーザー評価が下がってしまう可能性があります。

効果が期待できるYouTube広告とは、コンバージョン率が高いだけでなく、表示される短い時間の間にユーザーに好印象を与え、興味を与えるものであると言えるでしょう。

YouTube広告の実際の作り方

ここからはYouTube広告を作る流れを順番に解説します。YouTube広告を作る具体的な流れは以下の通りです。

  1. 目的設定
  2. 対象ユーザー設定
  3. 構成作成
  4. 動画撮影
  5. 編集・出稿

それぞれ詳しく見ていきましょう。

目的設定

広告を作るにあたって、目的設定は非常に重要です。何のために広告を作り、どのようなゴールにたどり着きたいのか必ず明確にしておく必要があります。ゴールがはっきりしないままだと広告の内容もまとまらず完成度は低くなってしまいます。

逆に言えば、広告の目的をしっかりと見定めることで効果的な動画広告を作ることが可能です。時間がない中であっても、最初の目的設定については納得のいくまで決めておくと良いでしょう。

対象ユーザー設定

目的が決まったら、合わせて広告の対象ユーザーも細かく設定していきます。対象ユーザーを決める際は以下の点に注目してみましょう。

  • 年齢や性別などの基本情報
  • 居住地域
  • 趣味や習慣など

広告でアプローチしたい商材とユーザーを照らし合わせながら仮説を立て、なるべく細かく対象ユーザーを決めていきましょう。

構成作成

目的、対象ユーザーが決まったら、いよいよ広告動画の作成段階に入ります。

まず決めるのが広告動画の構成です。YouTube広告は動画でアピールできるため非常に便利に感じますが、5~15秒という限られた時間の中でユーザーの行動を促せるような内容にしなければなりません。

どのタイミングで強くアピールするかなど、短時間ながら考えることは非常に多く複雑です。つまずいてしまう場合は一度目的や対象ユーザー設定に立ち返ってみると打開策が見えてくるでしょう。

動画撮影

構成が決まったら実際に広告動画を撮影します。

後からいくらでも編集をすることができるため、あまり難しいことはないと言えるでしょう。

しかし、大規模な撮影になる場合や有名人を起用する場合などは準備すべきことは多いです。上記の手順と合わせてスムーズに進められるよう並行して準備をしていきましょう。

編集・出稿

撮影まで終わったら、あとは広告動画を編集してYouTubeに出稿するだけです。

動画の内容にもよりますが、編集は広告出稿前の最終段階であるため難航してしまう場合も多いかもしれません。

単独で編集をしようとすると内容が偏ってしまう可能性があるので、できる限り複数人で確認しながら進めてみると良いでしょう。

スキップされないYouTube広告を作るためのポイント

YouTube広告の作り方がわかったら、次にスキップされない効果的な広告を作るためのポイントについて見てみましょう。スキップされない広告を作るポイントは主に以下の5

つです。

  • 5秒でできるだけ惹きつける
  • 情報は詰め込み過ぎずコンパクトに
  • ターゲットを明確に
  • 続きが気になる構成にする
  • 流行を取り入れる

順番に解説していきます。

5秒でできるだけ惹きつける

みなさんご存知の通り、YouTube広告は5秒経つとスキップできるようになります。そのためスキップされるまでの5秒の間にできるだけユーザーを惹きつける工夫をしてみましょう。

経験がある方も多いかもしれませんが、ユーザーは動画視聴前に広告が流れると一気に気持ちが下がってしまうものです。楽しみにしている動画を早く見られないもどかしさがあるので、広告を表示するだけで不快感を与えてしまうと思ったほうが良いでしょう。

しかし、逆に5秒の間にユーザーの心を惹きつけることができればかなりの成果が期待できます。ユーザー個人の感情によって左右されてしまうのでかなり難しいことではあるのですが、5秒で惹きつけ好印象を与える広告を目指して作っていきましょう。

情報は詰め込み過ぎずコンパクトに

先述のように、YouTube広告は基本的に5秒で効果的にアピールしなければなりません。短い時間で簡潔に伝わるよう、情報はできるだけコンパクトにまとめることを意識しましょう。

短時間でできるだけ多くの情報を与えることも重要ですが、それでは逆にユーザーに負担を与えてしまいます。ただでさえ見たい動画を見られなくて不快な気持ちなので、見たくない人にも内容が伝わるような簡潔でコンパクトな内容にするのがおすすめです。

ターゲットを明確に

広告内でもターゲットを明確にすることで、対象ユーザーの離脱率の減少が期待できます。

訴求する商材によって異なるのですが、ターゲットが主婦なら家事に関しての話題をふる、埼玉県在住のユーザーに対しては埼玉の地名を最初に話すなど、ターゲットをはっきりとさせることで対象ユーザーのクリック率は高まる可能性があります。

訴求するやターゲットに合わせて積極的にアピールしていきましょう。

続きが気になる構成にする

5秒経過後スキップできるようになっても続きを見たくなるような構成にしましょう。

気になる内容の動画はついつい見てしまうものです。続きを期待させる以上、終わりまで徹底して内容を作りこむ必要がありますが、広告をスキップせずに視聴した時点で少なからずそのユーザーは広告の内容に興味があることになります。

最初の5秒でユーザーを引き込む構成にし、その後は広告の終わりまで商材のアピールができるようにしましょう。

流行を取り入れる

世間で流行っているものを積極的に取り入れるのも有効な手段です。普段からSNSなどの流行に目を向け、最適なタイミングで取り入れられるようにしましょう。

流行を取り入れている広告は、何かと目に留まってしまうものです。流行が一過性のものであったとしても一時的なコンバージョンが期待できるうえに、前衛的な企業という印象をユーザーに与えることができます。

特にネットリテラシーの高い若者も引き込める可能性があるので、内容やフレーズに困ったら流行を調べてみるのもおすすめです。

ポイントを押さえて効果的なYouTube広告を作ろう

ここまで、YouTube広告を作る実際の流れやスキップされない広告を作るポイントについて解説してきました。

YouTube広告は今でも鬱陶しいイメージが強く、表示されただけでユーザーに不快感を与えてしまいかねないものです。

しかし、仕組みや注意点などをしっかりと理解したうえで広告を作成することで大きな効果が期待できるのも事実。今回紹介したポイントや作り方を踏まえてぜひ効果的なYouTube広告を作っていきましょう。

広告の種類も豊富で、目的に合わせてさまざま設定することができるのでぜひ積極的に利用していきましょう。ターゲットや目的をしっかり定め、ポリシーに反しないよう調整しながらより良い広告が作成できるよう、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

YouTube広告カテゴリの最新記事